May 2007

May 28, 2007

クレッチェ

クレッチュマー



http://www.handballwoche.de/

 ドイツで毎週発売されている「ハントバル・ヴォッヘ」のHPで、SCマグデブルグのシュテファン・クレッチュマー選手が引退するとの記事。いや〜正直びっくりした。SCMのホームページで、何ヶ月か前に07/08年シーズンまで契約延長した記事が出ていたし・・・
 ブンデスリーガを見に行ってやろうじゃないか、と思わせてくれたのもクレッチュマー。初めての海外旅行にもかかわらず、マグデブルグまで足を運ばせてくれた。
 
 目の前にいるクレッチュマーを見て大感激した2004年。試合前のウオーミングアップから他の選手にはない貫禄があり、チームをまとめる姿が見られた。
 2005年は、負傷しプレーは見られなかったが、ベンチの後ろで常に声を出しながらチームを引っ張っていた。2006年、試合前日の練習を見せてもらったが、チームメイトのつかみ合いの喧嘩を真っ先に仲裁し、大きな声で怒鳴りつけていたのもクレッチュマー。常に、彼がチームのリーダーシップをとっていた。

 試合前の入場も、やっぱりクレッチュマーにはサポーターたちの声援もチームの中で一番大きかった。彼がチームにとってもサポーターにとっても「大きな存在」であることが、いつも伝わってきた。

 しかし、2004年のアテネオリンピックでは活躍していた彼だが、2005年以降はパフォーマンス的に衰えを隠せない場面も多く見られていたように思う。実際、シュートが大きく枠を外れていったり、フェイントをかけても足がついていかず、転んでしまったり・・・・。「衰えたなあ・・・」と何度も感じる場面があっただけに、自分の思い描くプレーができなくなっていることを常に感じていたのかもしれない。同じ73年生まれだけに、頑張ってほしかったが・・・。

 EHFカップの決勝第2戦では、SCMの1点目をノーマークの速攻をバックシュートで決め、4得点と活躍していただけに本当に残念だなあ

 来シーズンのSCMはメンバーが大きく替わる。どんなチームになるのか、寂しさと期待と楽しみを持ちながら、チェックしておこうと思う

wunderbar_handball at 00:09|PermalinkComments(4)TrackBack(0)ブンデスリーガ 
QRコード
QRコード
最新のコメント
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数