September 2007

September 05, 2007

10年たって・・・

北京オリンピック 豊田予選


 昨日の夜の腹立たしさから一夜明け、今日の愛知はとってもいい天気。昨日は結局、試合後に飲んで食ってしゃべってと12時過ぎまで「手羽先の店」で、普段、話ができない人たちと、かしこまりながらも楽しんだ。気を使いながらだったので、ちょっと疲れたけどMさん、めちゃめちゃ陽気な方で楽しかったです歯大丈夫なんでしょうか?

 9時の飛行機に乗るため豊田駅前を6時50分に出発。飲んで帰ってきてから、ホテルでブログを更新し、それから寝たので超眠かった。明るい日差しが、やたらまぶしく感じた。

 北京予選、今日は予定通りというか、力どおりクウェートがUAEに勝った。まあ、後の試合は正常に行われ、まるで「中東の笛?なにそれ?」みたいな顔して、ジャッジするんだろうなあ。ドイツペアは、今回の異常な試合を見てどう考えているのだろうか。ましてや、IHFから「開幕戦の担当」と割り当てられて来ていたようだから、AHFの扱いをどう感じているのか・・・。代わりに開幕戦を吹いたペアとは会話している様子は見られなかったけど。

 そうそう、そういえば昨日(2日)の試合の合間に「スモーキングエリア」へ行った時に、その開幕戦を担当したヨルダンの”ヘッポコ”レフェリーが香水の匂いをプンプンさせてタバコを吸いに来ていた。

 ここがもし、ドイツのアリーナで、仮にドイツ対クウェートであんなジャッジをした後だったら・・・。間違いなく熱狂的なファンにボコボコに殴られてるだろうなあ、よく恥ずかしくなく会場にいれるよなあと思いながら狭いタバコ部屋でタバコを吸っていた。「そんなの関係ね〜」って感じかな。

 さて、日本代表は残すところ2試合。明日のカタール戦は、どんな試合をするんだろうか。韓国が楽勝したんだから、日本にも楽勝で勝ってもらいたいものだ。特にディフェンスは、韓国と同じように積極的でオフェンシブな守りを見せてもらいたい。

 審判のジャッジ以外でクウェート戦の敗因を挙げるとしたら、ディフェンスにあるのではないかと個人的には思っている。バックプレーヤー、特に左側のミドルシュートを楽に打たせすぎたように思う。もちろん、ジャッジを踏まえてのディフェンスだったのだろう。しかし、ディフェンスを横から見ていて、少し引きすぎというか、受身に見えた。そのせいで、フローターへのチェックもわずかに遅れていたように思う。

 今大会ではクウェートに奪われたオリンピックへのチケットもまだ、望みが絶たれたわけではない。何とか2位をもぎ取り、世界予選会へ出場を果たしたいものだ。その予選会もフランス、クロアチアが相手だから相当厳しいといわざるを得ないけど、可能性は残っているのだから・・・。

 それにしても、この10年で日本はどれだけ強くなったんだろうか。10年前は、熊本の世界選手権が行われた1997年。ホームの地であったとはいえ、フランスと残り数秒まで五分に戦うことができた日本代表。あのときから進化しているのか?

 今の日本代表がガチンコでフランスと勝負したら・・・


 

wunderbar_handball at 00:41|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

September 04, 2007

第3日 日本対クウエート

 ひどい。ひどすぎる。一日目の韓国ークウエート戦よりもまだ良かったかもしれないが、あまりにもひどすぎる。その辺はテレビで見ていて、よくわかると思うけど。
 裏情報によると、今日の朝まで、日本ークウエート戦は、朝までドイツペアが割りあたっていたようで、直前にイランペアに変更になったらしい。アジア連盟をクウエートが牛耳っている影響力のようだ。
 イランペアのやらせ審判には脱帽だ。レッドカードや2分間退場と判定されたプレーには、日本ディフェンスのファウルはある。しかし、それが段階罰の対象になるものではない。ファウルはしているが、それが退場や失格のプレーではないし、クウエートにレッドが出ても、それは何ら試合に影響する事のない場面や点差での出来事だ。おまけみたいなものでしかない。
 確かに、クウエートの左半分はいいプレーをする。今回参加した中東勢の中では間違いなく一番いい。しかし、これが第3国の地で、第3国の審判がジャッジしたならば結果は違うものになっていた可能性は十分にある。
 いったいこんな状況がいつまで続くのか。これが続く限り、韓国や日本は永久に世界選手権やオリンピックに出る事は出来ないだろう。
 そんな中で日本代表は、最後まで投げずにプレーしていた。リマニッチ監督は興奮していたが、選手たちは不当な判定にも、ぐっと我慢をし、冷静さを保とうとしていたのが見ていてよくわかった。

 会場で配られたパンフレットにはアジアハンドボール連盟会長の挨拶文が載っている。

「古来からの日本のスポーツの伝統は、世界の中でも独特である事に注目したいと思います。この伝統は公平さの上に築き上げられて核となり、対戦相手に対する尊敬が大きな役割を果たしています。
 我が親愛なるハンドボール盟友の皆様、豊田での滞在が大変楽しいものとなるように、またフェアな対戦を忘れ得ぬ思い出として持ち帰られるよう、2008年北京オリンピックへ向けて成功を祈ります。」

 終わってるな、こりゃ。いかれてる。
 

wunderbar_handball at 02:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)各国代表 

第3日 第一試合 韓国−カタール

f906933e.jpg


祈りもむなしく、韓国ークウエートの審判はドイツペア。もし、世界選手権でドイツが決勝まで行かなかったら、おそらくこのペアが決勝の笛を吹いていたであろう。
 試合は、韓国の一方的な展開になった。前日のカタールーUAE戦を見て、まともに試合をしたら、10点は開くと思ったが、前半で19−5。ドイツペアは細かいところまで見逃さず、正確なジャッジ。やはりそうなると、カタールは手も足も出ない。韓国の3−2−1ディフェンスのプレッシャーにカタールのフローターは攻め手を欠く。時折、シュートチャンスが出来ても、ゴールポストに当てたり、キーパーに阻まれたりと、すべてにわたって韓国が上回る。
 後半も一方的な展開。ユン、ペク、リジェウ、ハンボソンイルなど主力を温存しても楽勝。すべての面で韓国が圧倒した。
 やはり、カタール、UAEは能力的に一枚も二枚も落ちる。力差がそのままスコアに表れたように思う。
 それにしても、ここでドイツペアか〜。策略だな。

wunderbar_handball at 01:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)各国代表 

September 02, 2007

第2日目 カタール対UAE

bb6ea2da.jpg


 気合いを入れて、いい場所で見てやろうと考えかなり早く行ったら、観客席に誰も人がいなくて失敗。ただ、ハンドボール写真展が開催されてるコーナーで、世界選手権のスペインーチェコをしばらく見ていた。
 アリーナ席は昨日は、プラス500円だったけど、今日は日本戦ではないので無料とのこと。昨日はかなり見えにくいところで見ていたので、はりきってアリーナ席のセンターライン付近で見ていた。
 さてさて、何かとお騒がせのレフェリー。今日のペアはレバノン。中東勢同士のゲームでどんなジャッジをするのかと注目していたら、何と何とお手本のようなジャッジではないか!なんちゃって審判のこの私にとってとても勉強になった。
 何と言っても段階罰の基準がとても明確だったこと。前半7分にUAEの小柄なプレーヤー15番が、カタールの選手の速攻を横からアタック、シュートは外れカタールの選手は右サイドに飛んでいったプレーにレッドカード。逆にUAEの選手が速攻でシュート体勢に入ったところを、横から腹に肘を当てたカタールの選手がレッドカード。どちらのプレーも選手の意図が感じられたし、特に2回目は最初のプレーがあったので、レッドかなと思ったらやっぱりレッドだった。
 ホールディングや顔へのアタック、引っ掛けるようなプレーは2分間退場。今日の試合を見て何の違和感もなく、むしろ好感さえ持てるジャッジだった。
 さて試合は、どちらともセットで点数をとる事が出来ず、外したシュートやオーバーステップなどのターンオーバーから加点する展開。前半を14−13でカタールがリードして折り返す。後半に入りUAEが一時リードしたものの、シーソーゲームになった。残り10分になりUAEがカタールのディフェンスを攻めあぐね、逆にカタールが突き放した。33−28でカタールの勝利。
 中東勢の試合と言えど、両チームとも熱くなる場面も見られ、面白いゲームだった。ただ、互いに、6対6のオフェンスでは、ディフェンスを崩しきる場面が少なく、物足りなさが残ったのも事実。カタールは、バックプレーヤーとサイドプレーヤーのユーゴからミドルシュートを放つ場面が多く見られたが、攻撃の起点や的は絞りやすい。特に印象に残る選手はいなかったなあ。
間違いなく日本は勝てる相手だ。
 明日の韓国ーカタール戦、順当なら韓国が10点差近くつけて勝つのではないだろうか。ただ、レフェリーがどこの国かが最大の注目。
 そして、日本ークウエート戦。おそらく、IHFから派遣されたドイツペアが割り当てられるのではないだろうか。今年の世界選手権で、ドイツから出ていたペアで、ブンデスリーガでもよく見る顔。ドイツの中でもトップのレフェリーだ。
 明日の試合が予選の山場になるのは間違いない。公平なジャッジの中で試合が展開され、そして日本が勝つ事を祈ろう。
 しかし、日本が勝ったとしても、嫌な予感はするが。

wunderbar_handball at 20:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)各国代表 

September 01, 2007

第1日目 韓国対クウェート

1070000f.jpg中部国際空港からバスで豊田市へ。豊田駅に着いたときには、1時を回っていた。バスから降りて急いでタクシーに乗る。
会場のスカイホール豊田に到着し、中に入ると韓国対クウェート戦が始まっていた。得点掲示板は10分過ぎて1対6。「まさか開幕戦から…」の嫌な予感。試合終了まで続く、意味不明なレフェリーのジャッジがすでに始まっていたのだ。前半が終了し、10点近くひらいた点差を韓国の選手たちは、怒りを押さえながら控室へ戻って行く姿がすぐ目の前にあった。
後半に入っても、意味不明なジャッジは続く。得点を決めた韓国選手が戻る際に、すぐ後ろにいたクウェートの選手に接触し、足がもつれて転倒。詰め寄るクウェート選手たち。会場から沸き起こるブーイングで事態に気付いたレフェリー(さっきまでセンターにいて、すでにゴール横に近づいていたにも関わらず!)が、タイムを止めて遥か遠くから駆け寄って来た次の瞬間に、倒れていた韓国の選手に2分間の退場を命じる始末。更に大きなブーイング、そして水の入ったペットボトルが投げ込まれる。韓国のVIPの怒り爆発、試合がしばらく中断し、両国役員どおしが、互いに怒鳴り合う状況。ドイツから駆けつけた尹京信がコートの中央で、もっとブーイングを、と言わんばかりに両腕を振り上げ観客をあおっていた。
波に乗りきれない韓国は、シュートミスが目立った。最後は少し差がつまったものの、実力を封じられたまま試合終了した。
実際に目の前で、繰り広げられる中東の笛。あまりに偏ったジャッジに怒りを通りこし、バカバカしくて笑ってしまうが、またじわじわと腹立たしくなる。
スポーツマンシップ、フェアプレイなんて彼らにはないんだろう。
会場には青いTシャツを来た小学生や中学生がたくさんいた。あの会場の雰囲気や怒鳴り合う姿を見て、どう感じたのだろう。
月曜日の日本対クウェートは、どこの審判がジャッジするのか。韓国の選手には申し訳ないが、IHFが派遣したドイツペアであることを祈るが…


wunderbar_handball at 19:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)各国代表 

いざ!出陣。

cd2ea6ab.jpgいよいよ、この日がやって来た。今日から6日まで、愛知県豊田市で北京オリンピックの男子アジア予選が開催される。
日本のオリンピック参加は88年ソウルにはアジア大陸代表で(韓国は開催地枠)参加したものの、それ以降のバルセロナ、アトランタ、シドニー、アテネと出場権を逃した。
それにしても、約20年前か…中学生だったなあ。初めて見た代表の試合は、日本対東ドイツ。左サイドのシュナイダーが放ったサイドシュートでのバックシュート。右サイドのウィンセルマンは、確か170センチにも関わらず代表とて活躍していたし、ゴールキーパーなのに左利きのシュミット。ドイツへの魅力に惹き付けられた、最初の瞬間だったかもしれない。

当時とは一変してしまったアジアのハンドボール事情。疑惑どころか明白な、意図のある、中東を勝たせるための(中東有利、どころではない!)ジャッジや試合運営が続いている。
今回は日本での予選会。前回も日本で開催したものの、中東勢は1ヶ国もエントリーしてこなかった。そのカタールやクウェートらと韓国、日本がどんな試合をするのか…IHFがドイツペアを送り込むようだが、果たしてどうなるものか。
いざ、出陣!待ってろよ、中東勢!

仕事人が豊田まで馳せ参じるぜ。『恨み晴らします』


wunderbar_handball at 08:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)各国代表 
QRコード
QRコード
最新のコメント
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数