March 2008

March 31, 2008

人生は第2希望で決まる。

Pokal2008



 昨夜のハンガリー対日本。前半途中までは何とか頑張れたものの、そこからは苦しい展開となってしまった。やはり素直に実力差を認めなければならない。

 ハンガリーは、オリンピックに出ることが目標ではないだろう。メダルを取ることが目的なはずだ。出ることは当たり前、のレベル。それに対して、オリンピックに出ることが目標のチームが勝負を挑んでも、やはり勝つ可能性は低くなるであろう。

 もちろん、32年も出ていないのだからメダル云々というのはおかしいかもしれないが、世界選手権への出場は果たしているのだから、少なくとも世界選手権12位以内に入ること、韓国と互角に戦えるくらいの実力をつけること、そしてオリンピックでの入賞を狙えるくらいになって、やっと、自分たちの実力で出場権を獲得できるんだろう。

 昨年亡くなった作曲家の阿久悠氏が「人生は第2希望で決まる」という名言を残したそうだ。なかなか的を得ているかもしれない。自分の中に響いた言葉だ。

 自分も高校生のころ北海道で1番になりたい、インターハイに出たいと思って練習してたけど、結局2位で終わり。目標にはあと一歩届かなかった。

 もちろん、日本代表とそんなショボイ自分の人生とは比べられないかもしれないけど、目標を達成するにあたって、その物事のレベルは関係ないように感じる。多くの場合、その目標に向かってジャンプしても、一歩手前に着地する。だから、より遠くに目標を設定し、真剣に努力を重ねなければならない。それでいても、一歩手前に着地することがほとんどなのだから・・・・。


 同じことは男子にも言えるかもしれない。「オリンピックに出たいんです・・・」と言っていても、確率は10%かもしれない。「オリンピックでメダルを取りたい」くらいで、「出場」は90%、「オリンピックで入賞」なら出場確率40%くらいかなあ。勝手な自分の「感じ」での数字だけど、どんなことでも自分の目標を達成するって難しいってことなんだろう。

 女子は、ロンドンに夢を持ち越し。男子には何とかロシアを打ち破るようなプレーを見せてほしいが・・・。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


 日曜日にはDHBポカールの決勝が行われ、THWキールがHSVハンブルグに勝利し、まずは今季の1冠を確定させた。キールのHPには、ドイツ代表の「プロジェクトゴールド」ならぬ、「プロジェクト3冠保持」なんていう文字も躍る。現在ブンデスリーガでも首位、そしてチャンピオンズリーグでも準決勝まで駒を進めている。2年連続3冠獲得なんてしちゃったら、とんでもないことだ。


 あと一歩のところで涙を飲んだHSV。ユンが10得点(うち7Mが3点。)と大暴れ。前半はリードして折り返したものの、後半の立ち上がりに失敗してしまった。 この悔しさをチャンピオンズリーグに持ち込んで、是非シウダーレアルを撃破して、2年連続ブンデスリーガチーム同士の決勝戦で白熱した試合を見せてほしい。

 

 

 
 


wunderbar_handball at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)各国代表 | ブンデスリーガ

March 30, 2008

大切な試合

今週末は北京オリンピック世界予選会。既に日本代表は2試合を消化し1勝1敗。今夜いよいよ運命の最終戦、ハンガリー戦だ。この試合に勝てば、北京オリンピックのチケットが手に入る。
 しかし、それはハンガリーも同じ。ここ数年世界大会で上位に食い込んでいたものの、昨年の世界選手権で失速。ルーマニアに負け1勝1敗でむかえる最終戦だ。

 昨年の世界選手権では、予選ラウンドで対決。50分までは接戦で、「もしや・・・」と思わせる試合展開。最後は突き放されたけど、ルーマニアほど強烈ではない。必ずいい試合ができるはずだ。

 IHF世界予選会、全会場の試合画像配信へ

 右側のLive Video Streamをクリックすると各会場各試合が見れますよ〜


 代表としては、きっとここまでの1勝1敗は予定通りだろう。しかし、ルーマニアにあそこまで大敗とは・・・。崩れだすと歯止めが利かないってところは、今の代表のウイークポイントだ。その点、昨日のポーランド戦は、前半リードして折り返したものの、40分過ぎから雲行きが怪しくなり、あ〜またいつものパターンだと思わせたものの、逆転を許さなかったところは、進歩かなあ〜。ただ、世界選手権で日本より上位とは言えど、ポーランドは直前に中国と試合を行い、1試合目は1点差の勝利だから、日本としては十分勝ち星を計算できた。
 
 今夜のハンガリー戦。ここまできたら、内容じゃなく「結果」だ。ボールをゴールの中に多く入れたほうが勝ちだ。


 その他の会場では、ドイツ女子が2勝し、オリンピック決定。また、韓国とフランスが1勝1分だから、アフリカ勢に負けることは考えにくくほぼ決定。今日の注目はスウェーデン対クロアチア、日本対ハンガリー。ま、スウェーデンが勝つんだろうけど。

 韓国対フランスは世界選手権でも1点差。今回は引き分け。いずれも、会場はフランスだから中立国でやったら必ず韓国が勝つね。さすが、だなあ。



 ○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

 DHBpokal

世界最終予選で女子は盛り上がっているけど、ドイツではDHBポカールの決勝が今夜行われる。組み合わせは、THWキール対HSVハンブルグ。

 DHBはドイツハンドボール連盟(Deutscher Handball Bund)、ポカール(Pokal)は英語の「カップ」の意味。トーナメント方式ではなく、試合前に抽選を行い組み合わせを決め、一発勝負で勝ち残っていく方式。1回戦は、南地区と北地区に分かれ、2部以下のチームで試合を行う。1部のチームは2回戦からの登場だけど、その2回戦も完全にフリー抽選になっているので、いきなり1部同士の組み合わせになることもある(今年の我がマグデブルグは、いきなりキールと対決し敗退)、運がよければ3部のチームなんかも勝ち上がっていくこともあったりする。

 THWキールのHPより、DHBポカールのこれまでの結果
 会場はハンブルグのカラーラインアレナ。去年までは、冠スポンサーがハンブルグスパールカッセだったけど、今年からはルフトハンザドイツ航空に。

 ここを勝てばカップウイナーズカップへの出場権が得られる。(ちなみに、昨年はキールがリーグもポカールも勝ち、チャンピオンズリーグに出場するため、2位のラインネッカーがカップウイナーズカップへ出場)

 ポカールの決勝はとても盛り上がる。残念ながら試合を見ることができないけど、実力どおりの順当な組み合わせだから、白熱した好ゲームになるだろう。楽しみだ


※DHBポカールのファイナル4はsportdigital.TVで見れました!(2008.3.31追記)



wunderbar_handball at 15:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)各国代表 | ブンデスリーガ

March 24, 2008

げっ!

 ヨーロッパのハンドボールもいよいよ熱い時期に入ってきた。各国のリーグ戦はもちろん、カップ戦、そしてチャンピオンズリーグやEHFカップなどなど。加えて、今週末に行われる北京オリンピック女子世界最終予選は、直前で組み合わせが変更。日本代表もフランスからルーマニアへ会場が変更になった。組み合わせも、ルーマニア、ハンガリー、ポーランド。ポーランドは勝機はあるだろうけど、ルーマニアとハンガリーは難しいただ、ハンガリーとは世界選手権でなかなかいい試合をしたんだから、可能性がないわけでもないと思うけど・・・・深夜ながらBSで中継があるようなので、ぜひ頑張ってほしい


 全然話は変わるんだけど、ドイツのハンドボールの専門ブランド「Kempa」が早くも来シーズンに向けてニューモデルをホームページの商品カタログに掲載している。日本人の感覚にないような奇抜なデザインが多くて、ちょっとどうかなあと思うものもないわけではないんだけど、やっぱりドイツのハンドボール専門ブランドだしこの5,6年は毎シーズン注目してきた。

 ちなみにドイツ代表も、以前はナイキのウエアだったけど今はKempa。我がSCマグデブルグも代表と同じく、2005シーズンまではナイキだったけど、2006シーズンからKempa。代表やクラブチームも最近はKempaと契約するチームが多くなってきた。

 で、そのニューモデル。ユニフォームや上下のスーツは珍しく無難なデザインで逆に「らしくない」なあと思ってみていたけど、シューズが・・・・。


 今まで出てたシューズのデザインもものすごい派手で、自分で履けそうだなあと思うデザインは2種類くらい。あとは、あの派手なシマシマがどうもジャングルの中にいるド派手なカエルに見えてきちゃうんだよなあしかし、それに輪をかけて、今回のシューズのデザインには


 シューズのデザインだけは、いくらハンドボールのブランドでも自分にはだめだなあ〜

 スポーツブランドで見るハンドボールも結構面白い

 

wunderbar_handball at 23:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ハンドボールグッズ 

March 19, 2008

おーい〓

日曜日に行われた日本リーグ、プレーオフ男子決勝の放送録画を見たけど…


一番の見所、第一延長が残り二秒のフリースローの一瞬だけなんて〓第二延長も後半の残り2分だけ〓おーい〓この編集じゃ、わからないよ〜。

前半や後半でバッサリ、カットしていいところがあるだろう〓タイムアウトの時間なんかいらないし…


そう考えるとハンドボールは、一つのストーリーなんだよなあ。いきなりその場面だけ見せられてもなあ〓

hansukeさん、私も同じ感想です〓


wunderbar_handball at 01:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0)日本リーグ 

March 16, 2008

死闘(追記があります。)

bf6a44ed.jpg第2延長でも決着つかず。7mコンテストで湧永勝利。
続きを読む

wunderbar_handball at 16:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本リーグ 

プレーオフ湧永−車体

湧永−車体は、湧永の素晴らしいディフェンスに攻め手を欠き、立ち上がりの10分で勝敗が決まってしまった…

途中からは、試合そのものより、車体の小沢、野村、湧永の山口各ベテラン選手の動きばかり見ていた。年齢からくる体の衰えは、やっぱり感じてしまうんだけど、でも小沢−東長濱の1対1なんか、絶対守ってやる、っていう小沢選手の「気持ち」が見ていて伝わってきた。

そんなベテラン選手の奮闘を見て、最近自分の腹の変形に無策のまま過ごしている自分も頑張らねば…と思ったなあ


なんて考えるほど、差がついてしまったゲームだった。


wunderbar_handball at 13:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本リーグ 

March 15, 2008

やってきました!

ec492f65.jpgやって来ました駒沢体育館。


さすが東京、あったかい。


このあと湧永対トヨタ車体のスローオフだ。


wunderbar_handball at 13:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本リーグ 

March 06, 2008

ファイナルだ!クレインズ+アジア正常化への道

 今日も、仕事終了後に釧路アリーナへ直行。昨日と違ってロースコアの展開になった。結局2−1でレギュラーリーグ1位のSEIBUを4位のクレインズが撃破チャンピオンの意地を見せてくれた。

 ファイナルの対戦相手は王子製紙。この組み合わせをここ数年祈っていたけど、ついに実現した。と、いうのは王子製紙のGKは友人だからである。どっちを応援しようか迷うけど、この年になって、まだ日本代表にも選ばれている彼を是非応援したいと思う。ん〜、楽しみだ。

 しかし、アイスホッケーのルールって、不思議だよなあ。選手がもみ合いになって、パンチをお見舞いなんてよくあるし、それが1発2発なら、「ラッフィング」っていうマイナーペナルティーの2分間退場ですんでしまうからだ。
 殴ってるんだぞ!他のスポーツではありえないことだ。もしハンドボールでもみ合いになり、殴ったらどうなるだろうか・・・・。「ラッフィング」っていうファールがあること自体、1発2発は2分でOKって認めてることになる。ボコボコに殴っても、選手生命を絶たれるなんてことはないし・・・。

 最近は見なくなったけど、そこまで殴るかっていうくらいボコボコ殴り合って、血だらけになり、ミスコンダクトで残り時間全て退場っていうのも見たことある。面白いのが、かつてリンクでボコボコに殴り合いしてた同士が今チームメートだったり。不思議なスポーツだ・・・。でもそこが面白かったりするんだけど。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 ベースボールマガジン社の「コーチング・クリニック」の4月号が数日前に手元に届いた。もう何年も定期購読している雑誌だ。

 この雑誌が手元に届いたときに、真っ先に読むコラムがある。日本サッカー協会の顧問をしており、東大や日体大の名誉教授であり、前国立スポーツ科学センター長の浅見俊雄氏の「ボールの転がるままに」という連載だ。「なるほど〜」とうなずける鋭い切り口でスポーツの問題点などを取り上げて斬っているのが面白いからだ。

 ぱらぱらとページをめくり飛び込んできた写真は、何と代々木で行われた男子の日韓戦だった。「厳寒に熱い競技を見る」というテーマで、3分の2が中東の笛に関する氏の考え、サッカー界の仕組みとの違いなどが述べられていた。

 浅見氏によると、「私にとって全く不可解なのは、なぜ『中東の笛』が10年以上も続いていたというか、それに対して何も対応が取られなかったのかということについてである。(中略)私の属しているサッカー界からすれば、『中東の笛』やクウェートによる支配が長年放置されてきたことが全く理解できないのである。サッカー界にも賭けに絡む審判の買収やマフィアによる勝敗の操作は時にあったが、すぐに摘発されている。国際試合や日本国内のあるレベル以上の試合には、その試合の最高責任者としてのマッチコミッショナーと審判を評価する審判アセッサーが派遣されて、コミッショナーは試合全般の運営や両チームと審判のパフォーマンスについて報告する仕組みになっている。審判が明らかな笛を吹いたりすれば、その報告から協会や連盟が何らかの対処をすることになる。(中略)AHFの常任理事会の構成で、6人中3人がクウェート人というのも異常であるが、それを認めてきたメンバー国も何をしてきたのかといわざるを得ない。アジアのサッカーでも役員選挙などで金がモノをいう場面もずいぶん見てきたが、それでも1国に固まるようなことはないし、地域のバランスも取れている。
 これらのことはいずれもスポーツの存立にとって最も重要なフェアプレーの根幹にかかわることであるのだから、もっと早くから試合の外でも勇気を持って正義の戦いをすべきであった。『中東の笛』に悩まされながらもオリンピックや世界選手権に出場して世界レベルでもよい成績を挙げていた韓国が、今回は男女ともオリンピックへの出場権を失ったことから、日本とともに、というよりもより積極的にIHFに働きかけたことによって、今回の再戦への道が開けたといってもよいのだろう。「中東の笛」の証拠となるDVDを作成してIHFや各国協会に配布したのも韓国で、日本も同じような行動を取ったという報道はなかった。』

 その後、「よく知らないままに、私見を書きすぎてしまったが、」と述べた後に、代々木に駆けつけて男女の試合を観戦したことなどが書かれていた。最後に『日韓の連携によってアジアのハンドボール界の正常化への道を切り開くことを期待している。正義は強いはずである。』でハンドボールに関わる話題は終わっている。


 サッカーとハンドボールでは組織の仕組みや運営など、比較にならないであろう。サッカーだからこそ成立する事がらはたくさんあるはず。しかし、そのサッカーを見習って、取り入れるべきところや改善すべきところはたくさんあるはずだ。

 また、日本のアピールの仕方も弱いことにも言及しているだろう。なぜ、豊田の「韓国対クウェート」戦のみなのか・・・。「日本対クウェート」の永島選手に対するレッドカードは??なぜ配布したDVDは韓国の試合のみなんだ・・・。もっともっと、強く抗議してほしいかったと思っている人は多いはずである。

 2月に行われたアジア選手権兼世界選手権予選。IHFが大会を管理するという今までにない形で大会が開催された。日本や韓国にとって「中東の笛」は吹かれなかったようだし、日本が負けたのも現時点でのチーム力にたりない部分があるからだ。

 しかし、その大会終了後に、アジア予選の東西分離開催を協議する旨の報道が流れた。IHFの大会管理があるにもかかわらず、である。何かの理由があるからだ。


 例えば、「中東の笛」は完全に解消したのだろうか・・・。2月19日に書いた文の終わりに、審判割を記した。気になったのは、クウェート戦にまた、あのイランペアが起用されていることだった。それも、予選リーグ後に順位決定戦をボイコットして帰ってしまったバーレーン戦に、だ。さらにそのグループリーグに、イランが入っているにもかかわらずの割り当てだ。

 そのあたりのことは、「Hand in handball!」というハンドボール情報満載のブログに、Yukiさんが鋭い指摘をされているので是非読んでいただきたい(記事の紹介、リンクについては許可をいただいております。)


 まだまだ、正常化されたとは言いがたい状況にあるのだろう。可能であるならばやはり、分離せず中東の各チームとも対戦しながらアジアナンバーワンを決められるようになってほしい。

 ごく普通のことだと思うけど、その普通のことが国、文化が異なると難しくなるから結局、戦争は世界からなくならないんだろうなあ。

 


 


 








 

 

wunderbar_handball at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 
QRコード
QRコード
最新のコメント
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数