April 2008

April 29, 2008

サルも木から落ちかかる。

 ブンデスリーガも残すところ3節となり、優勝争いは首位のTHWキールと勝ち点1差で2位のSGフレンスブルグが最終節までもつれそう。しかし、チャンピオンズリーグ連覇を目指すキールが取りこぼすことは考えにくく、勝ち点「1」の差が分厚い壁となりフレンスブルグの前に立ちはだかっている。

 また、降格争いも4チームに絞られた。下位2チーム(18位、17位)が自動降格、16位のチームは2部の南地区、北地区2位のプレーオフ勝者と入れ替え戦を行う。現在のところ、15位GWDミンデン(16点)、16位TUSEMエッセン(15点)、17位TuSネッテルシュテッド−ルーベッケ(14点)、18位ヴイルヘルムスハフェナー(13点)とこちらも最終節までもつれそう。

 ついでにブンデスリーガ2部も。北地区は、首位シュトラールズンダーHVと2位アイントラハト・ヒルデスハイム(今季1部から降格)が勝ち点1差で昇格を争う。一方、南地区は、TSVバイヤードルマーゲンが2位のHSGデュッセルドルフを大きく引き離し、首位を独走。1部昇格を決めている。


 いよいよ日曜日(4日)に迫ったチャンピオンズリーグファイナルに臨むTHWキール。27日には、今季1部に昇格したフュックス・ベルリンとの対戦で、ベルリンのマックスシュメーりンヒハレに乗り込んだ。

 12位のベルリン相手に、いくらゲストといえどもキールが勝ち点を逃すとは到底考えられない。ブンデスリーガの上位数チームから中位、下位のチームが勝ち点を取ることは至難の業だ。

 試合が始まると、予想通りキールが確実にゴールを積み重ね「0:4」でキールがリードする。ベルリンはキールのディフェンスを明らかに攻めあぐねていた。それでも、ベルリンのGKシュトーヘルが好セーブを連続し、前半は「11:13」とロースコアで折り返す。

 後半が始まり、そこから試合が大きく動き出す。キールのシュートをことごとくセーブするシュトーヘル。ベルリンは、その勢いを得点につなげ40分過ぎまでに何と「19:14」とキールから5点のリードを奪う

 48分には「24:18」と6点差に広げ、「もしや・・・」と思わせる時間帯に入る。そこから、キールも必死に追い上げを見せ、58分に「25:25」と同点に。そこからベルリンが勝ち越しのゴールで「26:25」で残り、1分数十秒。その後すぐにキールは、50分過ぎから出場していたシラーギが得点し「26:26」。残り50秒からベルリンの攻撃。試合終了10秒前に放ったサイドシュートは、オーメイヤーに変わりこれまた途中から出場していたアンダーソンがセーブ。そのボールを拾ったキールのキム・アンダーソンにベルリンのヴィルジンスキーが背後からボディーアタックをかまし、一発でレッドカード。

 これで、ベルリンの勝ちはなくなったが、それでもベルリンにとって「引き分け」なら勝ちに等しい勝ち点1。残り6秒。会場が騒然とする中、キールは7人攻撃。赤い「穴あき」シャツを着たロフグレンがコートに入る。レフェリーの再開の笛から、フリースローのキム・アンダーソンがカラバティッチに長いパス。そしてカラバティッチからシラーギにパス。シラーギは11Mからシュートを放つ。ボールはGKシュトーヘルの手前で大きく弾み、沈んだシュトーヘルの頭の上を通り抜け・・・・ゴールの中にゆっくりと吸い込まれたところで終了のブザー。喜ぶ3000人のキールファンと選手たち。がっくり7000人のベルリンファンと選手たち。

 ただ、ベルリンの選手たちはキール相手にあと一歩まで追い詰めた満足感が漂っていた。一方、勝ち点2を絶対に落とすことができなかったキールは大喜び。引き分けなら得失点差で首位を明け渡すところだっただけに、この試合の勝利は大きい。

 この試合のポイントは、まずベルリンのGKシュトーヘルのスーパーセーブ連発。何と24本のシュートをセーブした。そのうち7Mスローも8本中4本セーブ。やはり、強いチームに勝つならば、GKのスーパーセーブが必要だと感じさせた。

 一方でキールの方は、ヘッドコーチのゼルダルジッチの的確な采配に脱帽。48分で6点差になったころから、選手を入れ替えたが、それがずばり的中。特に、シラーギは同点、逆転のシュートを決めていたし、終盤にはGKのアンダーソンが好セーブを見せた。この15年間、キールは10回の優勝。その全てがゼルダルジッチが率いての優勝だから、まさに「マイスタートレイナー」だ。と、同時にキールの控え選手の贅沢さ、層の厚さを感じずにはいられない。

 明日30日は、5位のノートホルンをホームに迎えてのゲーム。この試合を乗り切れば、残りの2試合はゲッピンゲン、ヴェッツラーと勝ち点を落とすことは考えられない。前半戦のノートホルン戦は、負けているだけにホームで「お返し」したいところであろう。

 2年連続3冠制覇がいよいよ近づいてきた

wunderbar_handball at 23:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ブンデスリーガ 

April 21, 2008

何が何だか・・・

 ハンドボールには全然関係のない話から。忘れないように、メモとして書いておこう。

 昨日の夜、父と母の話を聞いていて、「へ〜っ、そうなんだあ。」と思った、自分の知らなかったことを話していた。夕食に食べていた「ホタテ」の話だ。貝柱の横についている三日月のような形をした、オレンジ色や白い「あれ」が、オレンジ色であれば雌、白色であれば雄だよね〜って内容だった。そんなこと今まで考えたことがなかったし、第一、ホタテの雄とか雌とかっていう発想を持ったこともなかったし、それだけに、「へ〜っ」ポイントが自分としては、けっこう高かった。

 何で父と母が、そんな会話をしていたかっていうと、その「あれ」を煮付けて酒のつまみに父が食べていた。しかし、普通ならオレンジか白の、その「あれ」なんだけど、皿に盛り付けてあったものの色は、オレンジと白のまだらになっていた。それを見て父と母が「これは雄だか雌だかわからないね〜。こんなのもあるんだね〜。」なんていう、そんな話になっていたからだ。

 そこで、すかさず、ホタテについてインターネットで調べてみた。すると、その三日月みたいなものは「生殖巣」とよばれるもので、やはりオレンジ色は雌で卵巣、白色は雄で精巣だった。へ〜っ、と思いつつさらに調べていくと、ごくまれに雌雄同体もあるそうで、そのオレンジ色と白色の「まだら」は、雄と雌が混ざった状態だった可能性があるってこともわかった。

 もともと、ホタテは生まれたときは全て雄だそうで、2年くらい経ったら半分が性転換して雌になるそうだ。だから、性転換中だった可能性もある。

 すっごくどうでもいい話だったんだけど、なぜか妙に気になって調べてみた結果の発表に付き合ってくれてありがとうございました。



 で、昨日は子どもたちのバスケットボールの試合だった。子どもたちの試合が2試合、そして審判が2試合。

 で、今日は「審判」の話を書こうと思う。ミニバスケットボールの審判をするようになってから、何だかんだで3年以上が経つ。小学生のバスケットボールと言っても、チームによっては、かなり戦術的な試合をやっていたりするし、審判の人たちもきちんと試験を受けてライセンスを持っている(もちろん、ミニバスケットだけでなく、中学、高校、一般も吹いている)人たちもいる。

 そんな中で、バスケットの審判を素人ながらやらなければならない。今でもそうだけど、審判をやっているとハンドの審判の癖がどうしても出てしまうし、ハンドとバスケの「似て非なる」ところで混乱する。

 バスケットはバイオレーションやファールがあるたびに、時計が止まる。ボールがコートの外に出て「アウト・オブ・バーンズ」になったら、審判は腕をまっすぐ伸ばし、手も伸ばし、短く強い笛を吹く。そしてその後に方向指示で、人差し指を伸ばし、オフェンスの進む方向へ指をさす。でも、波に乗るまでは、ハンドのフリースローと同じ方向指示をしようとする・・・。

 ハンドボールでは、「オーバーステップ」があると強く長い笛を吹き、同時にフリースローの方向指示をしなければならない。そしてそのあとに、オーバーステップのゼスチャーが入る。
 バスケットボールでは「トラベリング」があると、短く強い笛を吹いて1度時計を止めて、それからトラベリングのゼスチャー、そして方向指示という順番になる。

 ボールの保持が変わるときは、「強く長い笛」が染み付いているので、短い笛を吹くことができず、どうしても長い笛になってしまうし、方向指示も、ハンドの方向指示をしようとしたところを、急に直して指をさしたり・・・もう何が何だかって感じだ

 しかし、昨日は思ったよりも上手く吹くことができた。一緒に吹いた人のジャッジに途中からバラつきや偏りがあることも試合中に感じたし、迷うことなく自分なりにはっきりジャッジできた。そう感じながら、試合を終えると、試合を見ていた協会の方から「ナイスジャッジがいくつかありましたよ。上手いじゃないですか〜。」って言われた

 今までハンドの審判やってて、そんなふうに言われたことなんか、ほとんどない

 もちろん、接触するプレーのファールを取る、その「ライン」はまだまだ難しい。でもかなり「感じられる」ようになってきたかなあって思う。自分でもバスケットの審判が上手くなってきてるなあって思うし。ただ、ハンドよりも歩く歩数が少なく、アドバンテージがない分、そしてファールに対する段階罰がないから、やっぱり簡単だと思う。


 それ比べて、土曜日のハンドの審判は酷かった。久々高校生を見ると、いつも小学生を見ているだけに、やたらと大きく感じるし、プレーのスピードには全くついていけないついていくのに精一杯でジャッジするというレベルでは全くなかった酷いもんだ。


 いっそのこと、バスケットの審判に転身しちゃうか



○●○●○●○●○○●○●○●○●○


 土曜日、日曜日とブンデスリーガの試合が行われた。特に注目は、我がマグデブルグ対えげつない補強を繰り返すラインネッカー。マグデブルグは、ラインネッカーとホームで対戦した11月にはまだ、カチェックやビレツキーがいた。しかし、その後12月に移籍。

 試合はマグデブルグが大健闘。50分過ぎまでシーソーゲームで、試合が決したのは終了の数分前。GKのハイネフェッターの大当たりも大きかったが、スター選手揃いのラインネッカー相手に、それもゲストであの試合は上出来だった。

 それにしても、ビレツキー、カチェック、ロギッシュは咋シーズンまでマグデブルグ。加えてGKのフリッツもSCMでブレイクした選手。(その後、キールへ)。マグデブルグで活躍していた選手ばかりだ・・・。

 GKと言えば、フリッツだけでなく、HSVのビッターもマグデブルグだし、ドイツのハンドボール史を代表するGKヴィーランド・シュミットもマグデブルグ。みんなナショナルチームで活躍している。ハイネフェッターも最近、代表に呼ばれているし。

 次節はホームでミンデン戦。確実に勝ち点をいただこうじゃないか


wunderbar_handball at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 | ブンデスリーガ

April 02, 2008

ついに!

adidas



 ドイツハンドボール連盟(DHB)、handballworld.comなどのHPに2008年7月1日から、アディダス社がドイツ代表のユニフォームやウエアなどサポートする契約が結ばれたことが発表された契約期間は5年間。


 思い起こせば、88年のソウルオリンピック、東ドイツはアディダスのユニフォームを着ていた。その前では80年のモスクワオリンピックでも東ドイツはアディダス。

 話が前後しちゃうけど、90年代ドイツ代表は「ヒュンメル」や「ナイキ」。そして、2000年代に入り今年の6月まで「ウールシュポルト」のハンドボールブランド「ケンパ(Kempa)」。

 やっぱり、サッカーのドイツ代表のように、ハンドボールもドイツ代表がアディダスにならないかなあ〜とずっと思い続けてきたこのワタクシ

 無類のアディダス好きでありまして、アディダスのジャージやシューズ、ゲームシャツなどなど、こだわりを持って選んで購入しております。そう、2006年にはアディダス・ベルリンのパフォーマンスセンターで、マイデザイン、そして足を計測して「スタビル」というインドアシューズも作ってきたくらい(ちなみに数箇所にドイツの国旗がデザインされてます)。

 なので、ドイツ代表のユニフォームやアップスーツがどんなデザインか今から楽しみだなあ〜

 えっオレだけかな

 

wunderbar_handball at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)各国代表 | ハンドボールグッズ
QRコード
QRコード
最新のコメント
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数