April 09, 2007

世界選手権後の各国代表

フランストーナメント



世界選手権後、早速ヨーロッパでは各国代表が始動。世界王者のドイツは、マンハイム、シュツットガルトにポルトガルを招いて2試合を消化。

4月5日 シュッツトガルト 観衆6200人   
○ドイツ 38(20−11,18−17)28 ポルトガル×

4月7日 マンハイム 観衆11474人
○ドイツ 31(16− 9,15−11)20 ポルトガル×

格下のポルトガルに楽勝ただ、ポルトガルを選んでるってところが

フランスでは、ホスト国のフランス、世界選手権で準優勝のポーランド、アイスランド、チュニジアの世界選手権に参加した4カ国でリーグ戦を行った。

4月6日 観衆6000人
○フランス 30(15−14、15−15)29 チュニジア×

4月6日 観衆4000人
×アイスランド32(13−17、19−19)36 ポーランド○

4月7日 観衆10000人
○フランス35(17−14、18−13)27 アイスランド×

4月7日 観衆8000人
○ポーランド30(14−16、16−11)27 チュニジア×

4月8日 観衆9000人
○フランス26(16−15、10−5)20 ポーランド×

4月8日 観衆7000人
△チュニジア30(16−14、14−16)30 アイスランド△

成績)1位フランス3勝 2位ポーランド2勝1敗 3位チュニジア1分け2敗 4位アイスランド1分け2敗 ※3−4位は得失点差

フランスは、世界選手権でもそうだったけど、「勝負」の試合はロースコアに持ち込む戦術かなあ。ポーランド戦の後半10−5って

スウェーデンではスカンジナビアオープン。こちらはトーナメント戦

4月4日 観衆632人
○デンマーク33(17−12、16−15)27 オーストリア×

4月4日 観衆780人
○スウェーデン30(14−13、16−15)28 ノルウェー×

4月5日 観衆800人
三位決定戦
○ノルウェー36(15−9、21−17)26 オーストリア×

4月5日 観衆1177人
○デンマーク31(17−12、14−17)29 スウェーデン×

優勝デンマーク、2位スウェーデン、3位ノルウェー、4位オーストリア

各国来年のヨーロッパ選手権や北京オリンピックに向けて試合を重ねている。日本代表は大丈夫かあそれにしても、スウェーデンでの観衆の少なさは、代表の近況に比例してるのかな。

 そうそう、そういえば、昨日ドーハアジア大会の韓国対カタールを少しだけ見た。「中東の笛」もあそこまで行くと、笑ってしまう。韓国がライン際からシュート打ったら全部ラインクロス。そんなに何回も何回もラインしないだろうカタールのディフェンスが横から韓国選手に当たりに行って、退場かと思いきや韓国のチャージング。あまりにもめちゃくちゃすぎて、お話にならない。韓国の選手も速攻でのノーマークシュートは9Mラインの外から打ってるし・・・。何で、わざわざノーマークシュート11Mから打たないとならないのか・・・。韓国の監督も怒りを通り越して、おとなしく座ってたし。
 とりあえず北京オリンピック予選が日本でよかった。いくら何でも、日本であの笛はないだろう












wunderbar_handball at 23:47│Comments(0)TrackBack(0)各国代表 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
最新のコメント
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数