September 04, 2007

第3日 第一試合 韓国−カタール

f906933e.jpg


祈りもむなしく、韓国ークウエートの審判はドイツペア。もし、世界選手権でドイツが決勝まで行かなかったら、おそらくこのペアが決勝の笛を吹いていたであろう。
 試合は、韓国の一方的な展開になった。前日のカタールーUAE戦を見て、まともに試合をしたら、10点は開くと思ったが、前半で19−5。ドイツペアは細かいところまで見逃さず、正確なジャッジ。やはりそうなると、カタールは手も足も出ない。韓国の3−2−1ディフェンスのプレッシャーにカタールのフローターは攻め手を欠く。時折、シュートチャンスが出来ても、ゴールポストに当てたり、キーパーに阻まれたりと、すべてにわたって韓国が上回る。
 後半も一方的な展開。ユン、ペク、リジェウ、ハンボソンイルなど主力を温存しても楽勝。すべての面で韓国が圧倒した。
 やはり、カタール、UAEは能力的に一枚も二枚も落ちる。力差がそのままスコアに表れたように思う。
 それにしても、ここでドイツペアか〜。策略だな。

wunderbar_handball at 01:15│Comments(0)TrackBack(0)各国代表 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
最新のコメント
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数