September 04, 2007

第3日 日本対クウエート

 ひどい。ひどすぎる。一日目の韓国ークウエート戦よりもまだ良かったかもしれないが、あまりにもひどすぎる。その辺はテレビで見ていて、よくわかると思うけど。
 裏情報によると、今日の朝まで、日本ークウエート戦は、朝までドイツペアが割りあたっていたようで、直前にイランペアに変更になったらしい。アジア連盟をクウエートが牛耳っている影響力のようだ。
 イランペアのやらせ審判には脱帽だ。レッドカードや2分間退場と判定されたプレーには、日本ディフェンスのファウルはある。しかし、それが段階罰の対象になるものではない。ファウルはしているが、それが退場や失格のプレーではないし、クウエートにレッドが出ても、それは何ら試合に影響する事のない場面や点差での出来事だ。おまけみたいなものでしかない。
 確かに、クウエートの左半分はいいプレーをする。今回参加した中東勢の中では間違いなく一番いい。しかし、これが第3国の地で、第3国の審判がジャッジしたならば結果は違うものになっていた可能性は十分にある。
 いったいこんな状況がいつまで続くのか。これが続く限り、韓国や日本は永久に世界選手権やオリンピックに出る事は出来ないだろう。
 そんな中で日本代表は、最後まで投げずにプレーしていた。リマニッチ監督は興奮していたが、選手たちは不当な判定にも、ぐっと我慢をし、冷静さを保とうとしていたのが見ていてよくわかった。

 会場で配られたパンフレットにはアジアハンドボール連盟会長の挨拶文が載っている。

「古来からの日本のスポーツの伝統は、世界の中でも独特である事に注目したいと思います。この伝統は公平さの上に築き上げられて核となり、対戦相手に対する尊敬が大きな役割を果たしています。
 我が親愛なるハンドボール盟友の皆様、豊田での滞在が大変楽しいものとなるように、またフェアな対戦を忘れ得ぬ思い出として持ち帰られるよう、2008年北京オリンピックへ向けて成功を祈ります。」

 終わってるな、こりゃ。いかれてる。
 

wunderbar_handball at 02:09│Comments(2)TrackBack(0)各国代表 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by hansuke   September 04, 2007 23:15
お疲れ様です。

もう北海道にお戻りでしょうか?

大会初日にお会いできなかったのが本当に残念でした。
先に携帯の連絡先を知らせておけば良かった・・・と後悔しております(涙)。


私は明日から2日間、最後の応援に行ってきます。

気合入れて大声出して来まーす!
2. Posted by 北のWUNDRBAR!   September 04, 2007 23:55
 帰ってきてしまいました会場について、僕も同じことを思いました。お土産もっていったんですけど・・・。残念!
 今大会の優勝は、クウェートに奪われてしまった感が強いですが、しかし、残り2戦も気持ちのこもった試合を日本代表にしてもらい、何とか韓国に飼ってもらいたいところですが・・・。
 明日からの4試合は、きっと正常な試合になると思うし、韓国-日本戦はドイツペアでしょう。
 僕の分も熱い応援してきてください!残念ならが試合時間には仕事です
 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
最新のコメント
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数