December 27, 2007

いったいどうなる!再試合・・・。


 中国が開催に難色を示したオリンピック予アジア予選。1月中に行わなければならないんだから、本当に時間がないし、場所もないし・・・・。そこに浮上してきたこの情報・・・・。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071227-00000937-san-spo


 中国にしてみたら、場所を探せ、おまけに金出せって言われたら、普通断るに決まってるよな。こんな切羽詰って、体育館がすんなり確保できるわけないし、金の工面だって自分たちに関係ない試合に1億円も出す訳がない。日本が金を出すっていうなら、話は変わってくるかもしれないけれど、場所を確保するって、さすがにここまで急だと難しいんだろう。

 じゃあ、日本は・・・・「東京」って、30日切った時点で体育館って取れるんだろうか・・・。いずれにしろ、今動きがない分、鉄砲水のように「こと」が進んでいくんだろう。


 全日本総合は、大同特殊鋼の優勝でフィナーレ。大会突入前にリーグで連敗した大崎は、やはりリズムが崩れている印象。準決勝の湧永戦も立ち上がりは、悪かったし。
 一方の大同は、外国人オンコート1人制になり、ペクとイが同時にコートに立てない分リーグ戦では昨年の勢いがなかったが、総合の直前に大崎を撃破し、またこの大会でも優勝と、タイトルホルダーのメンツを保った印象。ペク、末松でかなり点取れるもなあ〜。

 準決勝の日体大対大同戦。前日、トヨタ車体を打ち破った日体大。もしかしたら・・・なんて思いを持っての試合開始だったけど、その思いは日体大の最初の攻撃で、あえなく消えてしまった・・・。
 前日大活躍の棚原、東長濱が、大同のディフェンスが厳しさ、また、高さに攻め手を見出せないでいるのがよくわかった。強引なシュートやリズムの合わないパスがミスにつながる・・・。見る見るうちに点差が離れていってしまった・・・・。松井監督もベンチで静かに試合を見守るしかない、といった様子で、大学生にとってさすがに分厚く、大きな壁だったように見えた。

 しかし、それでもズルスル行かないところがさすが学生チャンピオン。GKの再三の好セーブなどもあり、後半はほぼ五分の試合ができるんだからなあ〜。並みのチームじゃないよな。

 
 

wunderbar_handball at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)各国代表 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
最新のコメント
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数