August 14, 2008

北京オリンピック 第5日目

女子6試合。地元開催国、中国対アンゴラの結果にのけぞった。まさか・・・

 去年12月の中国は、日本とも対戦したけど、試合を見ていて負ける気がしない相手だった。一方のアンゴラ。日本はアンゴラよりも格下のアフリカ大陸代表のコンゴに完敗だった。加えてアンゴラの大躍進、試合ぶりを見て、「こりゃ凄いわ。」と思った。だから、アンゴラが中国に負けるイメージがわかなかったんだけど・・・・。
 この調子(流れ)なら、中国はきっとカザフスタンにも勝っちゃうよなあ。確かに男子よりは女子の方が決勝トーナメントに進む可能性は高いけども・・・。ワタクシにとっては、まさかの中国4位(の可能性ですが・・・)だな。

 そして、今日の注目「ドイツ対ハンガリー」。13クラウゼは13の9で期待通りだけど、4ユーラックが10の1って・・・・こりゃかなりの重傷だよ。ユーラックがこれじゃ、ドイツ女子は絶対に勝てない。この間も書いたけど、ユーラック+クラウゼが15点くらいじゃないと・・・・これで1勝2敗のドイツ。決勝トーナメントは間違いないと思うけど、ルーマニアかノルウェーと準々決勝で対戦する可能性が高いとなれば、かなり苦しい・・・


 さて、明日(今日か?)の男子6試合は激アツの試合になりそう。何と言っても6試合目のフランス対クロアチア。ううっ、み・た・い・・・・。

 その他にも、「韓国対アイスランド」「デンマーク対ロシア」「ドイツ対エジプト」。むが〜っ、見て〜、誰か何とかしてくれ・・・・。

 アイスランド戦で左膝を負傷したドイツ代表の左バック、パスカル・ヘンズはメンバーから外れ、カウフマンの怪我により追加招集されたクリストファーゼンがリザーブからベンチに。ヘンズの負傷は、今回のオリンピックだけでなく9月から開幕するブンデスリーガ、HSVにも影響を及ぼしそう。とは言っても、新加入したラツコビッチに、ベリッキーがいる選手層の厚さでしのげそうだけど。

 左バックがハースとクリストファーゼンか・・・ちょっと弱いというか、パンチが効いてないなあ〜。ヘンズの後釜はクリストファーゼンなんだろうけど、ちょっとまだ若い・・・今は、その若さがプラスの力に変わっていくように祈るしかない。

 アテネの時、ヘンズの穴を埋めたのは、ベテランの名プレーヤー、ダニエル・シュテファンだった。
 
 直前のテストゲームでは、エジプトと大接戦だったドイツ。明日の試合でこけちゃったら、まずいな。ちょっと強気になれない、ドイツファンです。

 ツァイツ君、相手にキレれてヒジ鉄お見舞いするのやめましょう。チャンピオンズリーグでの失敗を繰り返すなんて・・・我慢しなさい!!


 韓国がんばれ!デンマークを食ったっていうことは、アイスランドも十分食えるぞ。

wunderbar_handball at 00:41│Comments(2)TrackBack(0)北京オリンピック 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yuki   August 14, 2008 11:14
 こんにちは!試合を見れないストレス、抱えている方発見!!
 「よ、同志!(よくわかるよ・・・)」って感じで、コメント残します。

 ここ数日分を楽しく拝見させていただきました♪
 (すみません、五輪中、他球技ブログを見る傾向にあって・・・)

 アンゴラに関してですが・・・中国は5月にあったイタリアの7(か
6か8)カ国試合でもアンゴラに快勝しています。世界選手権では
ダークホース的存在だったのであの結果が残せたと思いますが
他国も研究してきていますし。今大会の好成績は望めないように
思います。個人的に対カザフでは勝って欲しいですけれども。

 韓国戦でのドイツですが、ぱっとしなかったです。正直、ほんと
GKの1人勝ちでした。ドイツ、ちょっと心配ですね。現在試合中の
対エジプト戦、同点で終わるのに(某所で)賭けています。では!
2. Posted by wunderbar_handball   August 14, 2008 21:02
yukiさん

 コメントありがとうございます!ワタクシもyukiさんのブログ毎日読ませていただいてますよ〜。

 現地入りするのですね。うらやましいです・・・。現地からのブログって可能なんですよね?楽しみにしています!

 ドイツ女子はまた、以前の女子に戻ってしまったようですね・・・。せっかく12月の世界選手権で3位まで順位を上げたんですが。今の状態ではメダルは厳しいですね。

 一方の男子。ヘンズの脱落は痛すぎますね・・・とは言っても、これは私の勝手な想像なんですが、ブラントにとってヘンズの離脱は「想定の範囲内」なんじゃないかと。ヘンズは大きな大会に限らず、ブンデスリーガでも怪我することがけっこう多いですから。直前に離脱した、カウフマンは想定外だと思いますが。
 その根拠としては、当初ハースがリザーブに入っていたからです。
 ドイツにとって、一番「層の薄い」ポジションで二人も怪我人が出てしまうなんて・・・。

 でも、こうやって苦しみながら勝ち上がっていくんだろうと思いこんでいる、ワタクシです。

 北京、気をつけて行ってきてください!

 Gute Reise! 失礼、お仕事ですよね。

 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
最新のコメント
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数