October 22, 2008

熱戦

 結局、退院したのは20日(月)。そして、昨日から仕事に復帰。まだ、唇やあごに痺れが残っているけど、あとは時間が解決してくれるのを待つのみ。

 19日の日曜日。この日は朝早くから目覚めてしまったので、すぐにsportdigital.tvでのブンデスリーガを観戦。それも、立て続けに3試合連続で
フレンスブルグ対ドルマーゲン、レムゴ対ハンブルグ、ノートホルン対マグデブルグ。

 中でも一番の注目は、レムゴ対ハンブルグ。レムゴは首位キールと得失点差の2位。首位争いから後退できない大事な一戦になる一方、チャンピオンズリーグ出場チームながら10位と波に乗れないハンブルグは、例えレムゴのホームであっても、これ以上負けられないところまで追い詰められており、熱い試合になるのは間違いないこの一戦。

 試合開始から11分経過してもまだ両チームのスコアが2−2とロースコアの展開。レムゴのリヒトライン、ハンブルグのビッターのドイツ代表GKの好セーブで、一時、膠着状態となる場面もあったけど、ハンブルグのポスト、ジル弟の活躍でハンブルグがリードして試合が進む。

 前半の山場は、ハンブルグのジル兄が一発レッドカードが出た場面。レフェリーはアドラー/アドラーペア(ドイツでは3番目、4番目評価のレフェリー)。レムゴのベヒトロフが速攻で走っており、パスを受けドリブルをしてシュート体勢に入ろうとした瞬間のこと。ドリブルしたボールを両手でキャッチする瞬間を斜め後ろからジル兄がそのボールを弾こうとしたが空振り。そのとき、意図的ではないものの、ベヒトロフの足にジル兄の足が引っかかり、ベヒトロフはシュートが打てず転倒してしまった。

 7Mスローの指示のあと「ピッ、ピッ、ピッ。」両レフリーが駆け寄り、短い話し合い。お互い頷きながら、パンツの後ろポケットに手がかかる。ハンブルグベンチが「Nein!」と両手を広げながら、その短い瞬間に、レフェリーが下すであろうジャッジを感じ取り、もう抗議。ジル兄に向かってレッドカードが掲げられる。そこから、レムゴが盛り返したものの、前半はハンブルグが14−13でリードし折り返す。
 後半もハンブルグのペースで進む。やはりここで感じてしまうのが、ハンブルグの選手層厚さとレムゴのバックプレーヤーの攻め手の無さ。

 レッドカードのジル兄に代わって入ったのが元ドイツ代表のグリム。ゲームメイクには何ら影響はなかったし、両脇のラツコビッチやマーシン・リイェスキー、クリストフ・リイェスキーも迫力十分。ポストのジル弟と上3人が絡まって攻め手が多彩。しかし、レムゴのフローター陣は、というと代表のカウフマンが今ひとつで前半の前半でベンチに下げられ、またクラウスやへールマン、そしてハンガリー代表のモクシャイも単発的なミドルシュートで、どうも連動性がない感じ。監督のバウアーが前半終了したときに、腕を組んでコート上を眺めていたけど、実は「攻め手がない」ってことを感じていたんじゃないかなあって思う。
 それでも、やはりレムゴも意地を見せる場面もあり、試合は残り5分までは両チームの負けたくないっていう気持ちがとても伝わってくる試合だった。やっぱりそういう試合って面白い。結局ハンブルグが34−30勝ち。現状では、ハンブルグの方が力は上なのはどう見ても明白。特にジルのポストプレー、体の使い方には何度も唸らされた。この試合MVPはジルだな。レムゴはここまで、比較的格下相手(同格はラインネッカーのみ・・・ん〜マグデブルグもか)の試合が続いていたから、ここからが本当の勝負だろう。ここから17節までキール戦以外は取りこぼさずに行かなければならない。果たしてどうか・・・

 そのあとのノートホルン対我がマグデブルグ。結果から言うと、こちらは28−28の引き分け。マグデブルグとすれば、ゲストで乗り込み勝ち点1を上積みできたので上出来なのかもしれないけど、この試合のノートホルンの出来は相当悪かった。それにお付き合いしてか、再三のチャンスを自ら手放しているかのような試合展開で、見ていてイライラする内容。前半が18−17でノートホルンがリードで折り返して、結果28−28。後半のスコアは10−11。スコア的には競ってるはずなのに、全然盛り上がらない。ゴールキーパーの好セーブもあるんだけど、パスミスやシュートミスが両チームに多くて、久しぶりの「凡戦」って感じでガッカリ。ゲストでも十分勝てる可能性があった試合を自らの手放してしまった感じの試合でもったないない。やっぱり、こういう試合を確実にものできないマグデブルグは上位に食い込むのは難しい。

 やっぱり今シーズンは、キールとフレンスブルグの争いだ。この2チームが抜けてるな。

 と、怒濤の3試合連続観戦で気がつけば朝が昼に変わってた。さっき朝食食べたのにもう昼ご飯。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

 20日(月)、退院して帰宅。色々用事を済ました後、実は週末のブンデスリーガよりも楽しみにしていたのが、チャンピオンズリーグCグループ、FCバルセロナ対THWキールの試合。

 決勝トーナメントの準決勝や決勝でもいいくらいのこのカードが予選リーグで行われた。

 まずは、バルセロナのホームでの第1戦。試合は両チーム一進一退の攻防が続き、とても面白い試合展開。さすが世界一を争う両クラブの試合。選手各々の個人技のレベルも高く、チームとしてのまとまりもあり、見ていて本当にワクワクする。

 ただ、意外だったのは・・・前半からキールが優勢に試合を進めていた点だ。とは言っても前半終了時点で15−15だったんだけど、やはり後半に入りキールが突き放す43分で4点リード。
 
 そこでたまらずバルサがタイムアウト。キールに傾いた流れを断ち切り、そこからバルサが4点差を詰めて同点に。時間は47分。監督のギスラソンが、どこでタイムアウトを取るか、興味津々で見ていた。ここで取るか、それともここを我慢し、この後訪れるかもしれないゲーム最大の山場で使うか・・・。

 ギスラソンは勝負に出たんだと思う。この同点、残り13分のところでタイムアウト。そのタイムアウトのタイミングがどんぴしゃり!ここからまたキールが3点差つけ突き放す展開に。さすがに、この展開には見ていて驚いたし、ゲストにもかかわらず突き放していくキールは強かった。一方のバルサは、後半攻め手を欠いていたように思う。セットの攻めでも全体の動きがなく、足が止まったせいで単調な攻撃になってしまった。

 終盤にはキールのツァイツがまたまたお騒がせプレーを披露。バルサの(確か)ネデスボーが体当たりみたいなチャージングでツァイツにぶつかり、キールのフリースロー。ボールは素早くスローされ展開していたが、もつれて倒れていたネデスボーが立ち上がり、戻ろうと走り出したときに、ツァイツが意図的に足を出してつまずかせ、転ばせる行為に。もつれていた二人が不穏な空気を醸し出していたから、それを見ていたバルセロナベンチが大騒ぎし、数名がコートの中に入っていく場面も。ツァイツは2分間退場の処分。ホント、キレたらすぐに反撃しちゃうツァイツは、今年のチャンピオンズリーグ決勝での「ひじ鉄事件」の反省なんか全くしちゃいないな。勝っていたからいいようなものの、その退場が原因で負けたらどうしてくれるんだって話だ。

 試合終了5分前にはキールが5点リード。残り時間でどうにもならないと感じた観客たちは、ぞろぞろ帰り出す。

 やっぱりここがスペインだよな〜。ブンデスリーガの試合で、ホームのチームが負けていても、こんなに大勢がぞろぞろ帰る場面なんて見たことない。スペイン人とドイツ人の違いがはっきりと感じられて面白かった。

 キールはこれでさらに勢いがつくだろう。やっぱりカラバティッチもこの間のベルリン戦でかなりの復調を見せていたけど、この試合でも7得点。また、2回ほど退場を取るプレーもあったし、「全開」だった。ここまでのブンデスリーガの試合も、全てこのバルサ戦に照準を当てて調整しつつ戦ってきたのでは、と思わせる試合内容だった。素晴らしい内容だったように思う。

 やっぱり、チャンピオンズリーグは面白いなあ

 
 
 

 
 
 

wunderbar_handball at 23:59│Comments(0)TrackBack(0)ブンデスリーガ | チャンピオンズリーグ

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
最新のコメント
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数