April 01, 2009

遅ればせながらプレーオフ&プレーオフ、ついでにヨーロッパ

プレーオフ1





日本リーグの決勝のことを書き逃して、あっという間の2週間。はや〜。

まあ、ここまで時間がたっちゃうと自分の中の興奮も冷めてるから、長々書くことはできないな。

ただ、完全に前半で勝負がついちゃって、それでも全日本総合と違いズルズル行かなかった大崎はよく頑張ってたなあと思う。後半にディフェンスシステムを変えたのが大当たりして一時は2点差まで詰めたけど、さすがに8点差をひっくり返すまでの奇跡的な展開にはならない。自分の中でだけど、イ・ジェウの活躍が大崎にとって憎らしいほどのものだったのではないだろうか・・・

ま、でもイ・ジェウの活躍も当たり前っちゃあ、当たり前で、世界選手権でクロアチア、スペイン、フランス、スウェーデン、ハンガリー、マケドニアと大きな分厚い壁を相手に戦ってきてるんだし、オマケに活躍してるんだし・・・。

一発勝負じゃなくて、ホーム&アウェイ方式でも、例えば3勝先勝方式とかで大同と試合をしても、今のままじゃ勝てないなあ。

プレーオフ2

 


で、その次の週は、アイスホッケーアジアリーグのプレーオフの第3〜5戦が家から数分の釧路アリーナで開催。レギュラーリーグ1位の西武と4位日本製紙の対戦だった。1勝1敗でホームに戻ってきたクレインズが2連勝して何と王手で第5戦を迎えた。祝日だった20日は胴上げを見ようと、会場の開場のころには、なが〜い列ができてた。でも、結局、ほぼ満員、2500人の観衆をガッカリさせて試合終了。

 しかし、いつもアイスホッケー見て思うんだけど、選手が思いきりレフェリーの前で相手チームの選手に殴りかかってって、ラインズマンが掴み合って、殴り合ってる選手を引き離して、そんなことになってるのに、「ラッフィングにより、マイナーペナルティー2分間の退場」ってさらっと女性の場内アナウンスが流れるなんて

 他のスポーツなら、例えばそれがハンドボールなら、「はい2分間退場」なんてことになり得ない。そんなんで2分間退場だったら、レッドカードや追放なんて、ルールとしてあってないようなものになる。

 失格のような状態になったのは、だいぶ昔にクレインズの助っ人選手が相手チームの選手と殴り合いになって、口から大流血するほど殴り合って、リンクの氷が赤く染まった時に見たことがあるでも、冷静に見たらそれって反則どころじゃなくて、もう暴行事件、逮捕だよ。

 そこまでの乱闘はさすがに少ないけど、一発二発の殴り合いなら普通。

 心配なのは、それを子どもたちが普通に見ているということだ。人を一発ぶん殴ったって、2分間頭冷やせば、また試合に出場だし・・・他のスポーツなら、もしかしたら、二度とコートに戻れなくなるかもしれない。

不思議なスポーツだよなあ〜

アジアリーグプレーオフ

 






 ブンデスの話題と言えば・・・今月号のスポーツイベントにキールの八百長疑惑がヨーロッパで報じられているっていう記事が載っていた。

 キールがフレンスブルグと決勝を戦ったチャンピオンズリーグでの審判買収疑惑。第1戦目を引き分け、キールで迎えた第2戦目フレンスブルグのデンマークのボールドセンのディフェンスプレーに対してのレッドカードなど、「いわく付き」なのだそうだ。

 その試合ついてはこちら

 この記事を見たとき愕然とした。この告発したのが前キール監督のゼルダルジッチだというし・・・。

 でも、その試合の映像の録画があるから、レッドカードのシーンなんかは何回も繰り返して見たけれど、それこそこのディフェンスにレッド出さないと、どのプレーに出すのか、というくらいのラフなプレーだ。横からユニフォームを掴んで、引っ張り倒し、おまけにさらに移動してカラバテッチにウエスタンラリアットだ。

 審判の先生方何人かで見たときも、「さすがにこれはレッド出すよなあ。」でみんなが一致。これでレッドカード出すなんて、おかしいだなんてとってもじゃないけど思えないプレーだ。

 もっと言えば、ボールドセン自体、いつもギリギリ勝負のディフェンスで、退場になることは頻繁にある選手だ。

 たしかに、ゲームメーカーのボールドセンが失格になったことで、フレンスブルグのリズムがおかしくなったのは間違いないと思うけど、あのプレーを2分間退場にしてしまうレフェリーだったら、チャンピオンズリーグの決勝の笛なんか吹かしてもらえないよ・・・。

 別にデンマークの人たちにケンカ売るつもりはないけれど、それなら2008年ユーロの決勝のデンマーク対クロアチアの方が、よっぽど怪しい試合に見えちゃう。このときの審判は確かスペインペアだったかな・・・。

 クロアチアが追い上げると、微妙なジャッジでデンマークに有利な判定が結構あって、我慢できなくなったチェルバルが「2分間退場」を受けたほどだ。あきらかに太ももに当たったボールがキックボールと判定されて、デンマークボールになったり・・・試合を見ていて違和感を感じるジャッジだった。もしかして、ヨーロッパにも「○○の笛」みたいなのがあるのかも、と思ってしまったほどだから。

 もう一つの話題。これもまたキールの話だけど、フランス代表のオーメイイエールともう1人のGK、スウェーデンのパリカ。そのパリカが故障し、GKがもう1人必要になったキールが探し出したお眼鏡にかなったGKは・・・・なっ、何と、元フランス代表のGKブルーノ・マルティニ

 キールのHP、マルティニ紹介ページへ


 もう2年前に現役を引退していたにもかかわらず、ふっくらした38歳が2年ぶりに復帰しただけでも話題なのに、それもキールで最初の出番がチャンピオンズリーグなんだから、スーパービックリだ。

 さらにまたビックリが、キールがザグレブに乗り込んで第1戦、後半に7Mスローの場面で一度だけ登場。その1本をセーブしちゃった

 世界一を狙うチームのGKだよ・・・凄い話だなあ、と改めて思う。引退したのに復帰するケースはブンデスではよくあるけれど、ここまで豪快なのは・・・


 ん・・・、俺も現役復帰しようか・・・・

 
 ブンデス、注目のワンシーン 

 オマケでもう一つ

 

 

wunderbar_handball at 23:59│Comments(0)TrackBack(0)日本リーグ | ブンデスリーガ

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
最新のコメント
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数