January 13, 2010

世界のハンドボールを探し求めて2009〜その1〜

12月24日(木)。

 成田ガーデンホテルを出発。成田空港第1ターミナルに到着して、チェックイン。今までチェックインカウンターで手続きをしてたけど、今回はルフトハンザ航空のカウンターに長い列ができていたのを見て、自動チェックイン機に挑戦。と、思ったらルフトハンザのお姉さんがやってきて、笑顔でぜ〜んぶやってくれた。長い列に並んで、長い待ち時間を一瞬で終えることができたから、「これって、フランクフルト空港にもありますよね?」って聞くと、「ええ、ありますよ。でも、英語になってしまいますが・・・」という答えだった。


今思えば、その会話ですら笑い話だ。(この何回続くか分からないお話を最後まで読んでくれた人には、「笑い話」の意味がわかります。)


 銀行で両替。今年は円高が進んでいたこともあり、両替手数料を含めておよそ135円。昨年や一昨年はこの時期とても円安だったし、3年前も160円くらいだったから、25円の差は大きい。1万円が74ユーロ。まあ、こんなもんか・・・。帰りは円高になっててね〜なんて勝手なことを思いながら、


 飛行機に乗り込み座席に座る。自分の座席は真ん中の4人掛けの右端通路側。左隣とその隣には人がいなくて、さらにその隣に女性が一人。中の2人分が空いていたので、とっても気楽。中に人がいると、トイレの度に立たなきゃならないから。

 機内はとても乾燥していて、ちょっと寒く感じた。そりゃそうだ。高度1万メートル、ロシア上空マイナス80度の中を時速950〜1000キロで飛んでいるんだから。っていうか、こんな大勢の人を乗せて、こんな大きい物体が猛スピードで飛んでるのが何とも不思議だなあと思う。機内食は相変わらずおいしくないけど、飛行機の中で飲めるドイツのビール「ヴァールシュタイナー」は、おいしい。ビールの味に全く詳しくない自分だけど、これは美味いなあと思って飲むビールだ。

 今年は、ドイツ語の勉強も十分にしないままの出発だったから、旅行会話本をぼんやり眺めながら、時間を潰す。時折機内の画面に映る残りの飛行時間が4時間を切ったあたりからは、時間の進み具合が少し長く感じ始めるのはいつものことだ。

 
 時間通りにフランクフルト空港に到着。日本時間では、22時ころ。フランクフルトは24日の14時頃だ。

 お〜っ、久しぶりだぜ〜と思いながら、携帯電話の電源を入れて、数カ所に到着したよコール。そして、パスコントロールを通過して、荷物を取りに行く。相変わらず成田空港発のフランクフルト空港行きのこの飛行機は、フランクフルトで降りる人が少なすぎて、びっくりする。あれだけ人乗ってるのに、バッグ取りに来る人は何人か。みんな、乗り継いで他の国に行くんだなあ。

 到着口からすぐに電車に乗るのに空港駅へ。早速、電車のチケットを買おうと券売機の前に立つけど、久しぶりで、「あれ?どうだったけ?」としばしフリーズ。ん・・・こういうときは、ちょっと離れて次に並んでいる人の買い方を観察しよう!と思い観察してたら、どうやらその人も買い方分からなくて困ってる。そんな様子を眺めていたら、エジプト人っぽい男性が、こちらに向かって話しかけてきて、「20ユーロ札しかなくて・・・10ユーロに両替できないかなあ〜。」みたいなことを話しかけてきた。ん〜ちょっと怪しいかなあ〜でも、まじめそうな人に見えるから、偽札じゃなさそうだし、10ユーロ札2枚に換えてあげた。そのついでに、買い方聞いちゃおうと思って話しかけたら、優しく教えてくれた。「だよね〜。確か同じように押したんだけど・・・ボタン押し間違えてたのかなあ。」何て考えながら、フランクフルト中央駅行きのチケット(3ユーロ80セント)を買う。

 Sバーン(近郊列車)に乗り、フランクフルト中央駅へ。
20091225frankfurt2




 
 
 その日の宿泊は、駅近くの「ホテル ナショナル」。初めて宿泊するホテルなので、キョロキョロしながら歩くと、道路を渡ってすぐのところにあった。

 ん〜この駅前、ホント雰囲気が怪しい。穏やかでない感じだ。

 チェックインしてすぐ部屋へ。
20091224frankfurt1


 



 一泊の料金が安いから、まあこんなもんか。

 部屋で少し休憩してから、雨がぽつぽつ降る中、街の中に繰り出す。でもクリスマスだからほとんどのお店は、早くに閉店。人通りもまばらだ。

 クリスマスは、日本でいうお正月だから、ドイツ人はみんな里帰りして家族と過ごすようだ。駅の中にある飲食店も、アジアンフードの店以外はほとんどが店を片付けて閉店モード。あわてて、ブラートヴルスト(焼ソーセージ)を買って食べる。「う〜ん、美味い!」

 そのあとすぐに、本屋さんへ行って、「ハントバル ヴォッヘ(Handball Woche)」と「Handball Magazine」を購入。ラッキーなことにヴォッヘのチャンピオンズリーグ特集号があったので、それもあわせて購入。

 

 お店がたくさん並ぶ買い物エリアは、中央駅から少し離れているので、そちらの方へ行こうか行かないか迷いながら、結局そっちへ歩いてみた。でも、夕方5時頃でも多くのお店は閉店していて、こりゃあ歩いていっても店は開いてないなあと感じたので、折り返してホテルへ戻った。

 今日は早めに寝よう。疲れたし



wunderbar_handball at 23:58│Comments(0)TrackBack(0)世界のハンドボールを探し求めて | ブンデスリーガ

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
最新のコメント
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数