高校生の大会

December 18, 2007

オリンピック予選会

 IHFのホームページでは、世界選手権閉会の記者会見が行われ、オリンピック予選会の組み分けが発表されたことが伝えられている。

IHF Executive Committee member Alexander Kozhukhov then presented the participants for the three Olympics qualifying tournaments resulting from the current WCh ranking:
Tournament 1: Winner of the match Germany - Romania, Hungary, Sweden, Cuba
Tournament 2: Loser of the match Germany - Romania, Angola, Japan, Croatia
Tournament 3: France, Korea, qualifier from Africa, Qatar

This seeding may change if Angola to host the African Olympic qualifying directly qualifies for the Beijing Olympics. In this case Poland will participate in Tournament 2, Hungary Tournament 2 and Croatia to Tournament 1.


そうか、ノルウェーは去年のユーロ優勝でヨーロッパ大陸代表か・・・。今回優勝のロシアも代表権獲得してるから・・・・、3〜8位までが世界選手権の結果で振り分けられて・・・・

トーナメント1:ドイツ(3位)、ハンガリー(8位)、スウェーデン(ヨーロッパ枠、ユーロ06で2位)、キューバ

トーナメント2:ルーマニア(4位)、アンゴラ(7位)、日本、クロアチア

トーナメント3:フランス(5位)、韓国(6位)、アフリカ予選2位、カタール


 もし、アンゴラがアフリカオリンピック予選で、アフリカ大陸代表として出場権を得た場合、このシードは変更になることがある。その場合、トーナメント2に、ポーランド(クロアチアの代わりのヨーロッパ枠)、ハンガリー(アンゴラが抜け次の上位はハンガリー)が、クロアチアはトーナメント1(ハンガリーのところに)に加わる可能性がある。

 アンゴラはまず間違いなくアフリカ代表で権利を得るだろう。ということは、ハンガリーとルーマニアが相手か・・・・。そしてポーランド・・・。げっ、強いなあ。でもハンガリー戦も途中まで五分に戦えたんだから、可能性はあるだろう。

 上位2大陸目の枠でアジアが獲得したけど、カザフと中国は既に出場権がある、日本がアジア代表枠で出場、そして上位2大陸目の枠でカタールって
 全くハンドボールにならないだろうに・・・。

 それにしても、ややこしいなあ。この組み合わせ。何でポーランド(11位)なんだ?スペイン(10位)はどうした?よくわからないな。


wunderbar_handball at 02:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

August 04, 2007

インターハイ男子決勝を見て

 昨日はインターハイ男女の決勝をインターネット中継で見ていた。リアルタイムで試合を見られるなんて、それも高校生の試合なんだから・・・・。
 初の試みとアナウンサーの人が話してたし、素晴らしいとしか言いようがない・・・。高校生の大会でできるのだから、日本リーグなんかもできないものだろうか・・・。有料であっても、そう高額でなければ、需要はかなりあるはずだけどなあ。
 
 男子の決勝は、春の選抜大会と同じカードとなった。2回も同じ組み合わせになるのだから、この2チームの力は他のチームより抜きん出てるんだろう。
 
 前半が全くの五分で折り返す、白熱した試合で面白かった。加えて、両チームのカラーが対称的だった・・・。〈あくまでも個人的な感想。)これは、春の選抜大会の決勝を見たときも同じことを感じていた。紫水は個人の能力が優れているチーム。一方の北陸は、オフェンスのチーム的なまとまりが感じられているチーム。〈という個人的な印象。)
 「個人の能力」対「チームのまとまり」(もちろん、両チームとも個の能力もまとまりもあるんだけれど、色濃く出ている方、ということ。)。
 特にそれを感じるのは、6対6のオフェンス、シュートを放つ最終局面に現れていたと思う。紫水には大エースがいるものの、前半は少々不発気味。後半に入って爆発したが、その大エース以外の選手も含め、試合を通して、特にバックプレーヤーが作り出す最終局面は個人の能力をいかした「1対1」からのシュート、フィニッシュという形が6対6のオフェンスでは多かったように思う。
 一方の北陸は、大エースはいないものの、サイドの走りこみや、ポストの位置取りなど、6対6の最終局面は「2対1」の形が作られており、それが試合を通して見られていたことだ。
 
 実は、これは春の選抜大会のときから両チームに見られていたことだった。インターハイまでの数ヶ月間で、チームをどう伸ばしていくのか・・・・どんな変化や成長が見られるのか楽しみにしていたことだった。

 個人的な「ハンドボール観」としてだけど、単純に前者と後者のどちらが強いのかと言えば、現時点では後者の「2対1」の最終局面だと思っている。

 では、なぜ春の時点で北陸は紫水に勝てなかったのか?それは、最終局面までいけない、パスミスなどが多かった。そこを修正できれば、十分勝機はあるように思っていた。そして、紫水の個人の力が北陸を上回っていたんだろう。

 また、一人での攻撃はディフェンス側からしても的を絞りやすいのかもしれない。GKも同様に。紫水のシュートミスが目立ったのも、そのこと無関係ではないだろう。もちろん紫水のシュートが下手だなんてことはないし、北陸のGKの好守は賞賛に値する素晴らしいプレーだったように思う。
 ただ、「枠に行かない」→DFが優位な状況でシュートを打たせている、「GKにあたる」→GKが優位な状況、すぐにシューターを焦点を当てることができる、状況が生まれていたのではないだろうか・・・・。

 その点を踏まえてもう一度試合を振り返ると、前半6対6の攻めの場面で多くの点数を決めていたのは北陸であった。前半、両チームともに15点をとっているが、紫水は北陸のミスから速攻で点を取っていたのに対し、北陸はセットでディフェンスを崩して、そして2対1の最終局面を作り出して得点を重ねていた。もし、北陸のミスが少なくなったら・・・、後半の試合展開はある程度想像できるものだった。

 ん・・・、話は飛躍するが北陸の攻めは世界選手権のドイツに似てるかもしれない。世界選手権のドイツは、大会通じての得点ランキングでベスト10に入る選手はいない。サイドやポストの位置取りを変化させ、最終局面で2対1を作る戦術を徹底していた。それによって、出場した選手みんなが得点を取り、ある一選手に得点が固まることはなかった。一方で、スペインやクロアチアは、個人技で崩していくチームであるが、今回は成績が振るわなかった。

 ただ、これからの将来性を考えると紫水の選手たちは、楽しみかもしれない。きっと、10年後はこの中から代表に名前を連ねている選手が出るんだろうし。

 と、イチ・ハンドボール好きの、野球好きのオヤジがあ〜だこ〜だ言ってるのと変わらない感想です・・・

 



    
 


  

wunderbar_handball at 18:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 26, 2007

高校選抜大会in徳島

北海道代表として出場している男子札幌真栄、女子札幌月寒の両チーム。今日試合が行われた。北海道ブロック代表なので、シードされ2回戦からの出場。

2回戦

北海道札幌真栄 24(12- 6, 12-15)21 県立富岡
 (北海道)             (群馬県)

文化女子大学附属杉並 32(17- 8, 15-11)19 北海道札幌月寒
  (東京都)               (北海道)

やった〜真栄高、選抜初出場初勝利S監督おめでとうございます
残念ながら女子は負けてしまったが、それでも優勝候補に恥ずかしくない内容だ

昨年のインターハイは、男子の札幌月寒が選抜準優勝校に前半互角の試合ないようだったけど、そこから北海道の「いい感じ」は確実に続いている。

間違いなく、少しずつ階段を登っている。もちろん、札幌の2チームに追いつけ追い越せで他の地区のチームも頑張れば、北海道全体の高校生のレベルも上がる。

この「いい感じ。」をインターハイでも続けていきたい。今だけ良くてもだめだ。この先も続けていこう

明日、勝ち上がった札幌真栄は東海地区1位の岡崎城西(愛知)。相当手強いが、名門の強豪校とどれだけできるのか楽しみだ。





wunderbar_handball at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
QRコード
QRコード
最新のコメント
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数